「紅蓮華」着信音「鬼滅の刃」

「紅蓮華」着信音「鬼滅の刃」

「鬼滅の刃」を象徴する神曲、「紅蓮華(グレンゲ)」着信音はスマートフォンより入手出来ます。

 

ラインに適したショートサイズ、速メロ等、五つ以上のアレンジバージョンが配信中。

 

それから「紅蓮華」着信音のみならず、ハイレゾ着うたも入手出来ますし、「鬼滅の刃」に関する効果音、挿入歌、エンディングも有ります。

 

「紅蓮華」とは?

今やLiSAさんの代表曲にして、彼女の知名度を一気にぶち上げた「紅蓮華(グレンゲ)」。
「鬼滅の刃」の主題歌としても十分魅力的ですが、実力派シンガーのLiSAが歌いあげる本当に素晴らしい曲になっています。

 

彼女は元々、パンクロックが好みでインディーズ時代に自らバンドを結成していたそうです。
ソロになっても精力的に活動を続け、とあるアニメの劇中歌を担当したのがきっかけとなり、そこからアニソン界にどっぷりつかっていく事になります。

 

「ソードアートオンライン」や「ニセコイ」等でLiSAの素晴らしさに気付いていたファンも多いかと思いますが、色々なアニメで自らの実力を発揮してきたのです。
そして「紅蓮華」にて大ブレイクを果たし、既存のファン以外にも認知されるようになりました。
この曲がバズった理由は個人的には二つあると思っています。
一つは、LiSAが「鬼滅の刃」を丁寧に読み込み、キャラクター達の心情を把握した上で製作されているところです。

 

「紅蓮華」を使用してたシーズン1では、主人公の竈門炭治郎が鬼殺隊となり、数々の敵を倒し成長していく姿が描かれています。
鬼達をフューチャーしている話もあるのですが、それはまだ先で、炭治郎の心情が大きく描かれているケースが多いです。

 

それに合わせ、「強くなれる理由を知った、僕をつれて進め」というフレーズにある通り、炭治郎をイメージして作っているところにLiSAの並ならぬ鬼滅愛が感じられます。

 

「紅蓮華」がブレイクした二つ目の理由は、数々のアニソンで培われてきた彼女の歌唱力です。初めの頃は、パンクならではの音域や表現力に磨きをかけていました。
さらにアニソンを歌う事でコアなファンに向けてレベルの高い曲を提供する必要があり、過酷な状況下で才能や歌唱力を上達させていきました。
「鬼滅の刃」主題歌を担う頃には、アニソン界ではトップクラスの歌唱力になっていたのです。

 

そういったバックグラウンドが見える素晴らしい曲が「紅蓮華」です。皆さんも、ぜひじっくり聴いてみて下さい。
「鬼滅の刃」主題歌、「紅蓮華」の着信音はiPhone又はアンドロイドに利用出来ます。

page top